05< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>07

白紙に鉛筆

真っ白な紙に想いを文字にして描きまくる。 それを掲げて今日もまた鉛筆片手に紙を広げて気まぐれに更新中。

スポンサーサイト 

 --/--/-- -- --:--:-- 
スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback --  Comment --   

いつぶりだか 

 2016/03/15 Tue 15:37:18 
ニチジョウのぼやき 
いつぶりだかわからず、そもそも学生ですらなくなってしまった。
さらに言うと自己紹介文直せなくてよくわからなくて・・・なんてこったい。
スポンサーサイト

白紙の故郷 

 2013/11/27 Wed 19:46:27 
ニチジョウのぼやき 
ここはいつだって、埃かぶったって私を迎えてくれる。

誰にも吐けない思いをそのままぽとんと落とした。

昔の話 

 2013/11/27 Wed 19:38:51 
暇人による独り言 
「いっそのこと自分の記憶が全部なくなってしまえばいいと思うよ。」

と私は言った。

でも君は顔をしかめて

「そんなことをしても結局記憶がないことを苦しむよ」

とそう言った。

記憶をなくした自分を苦しめるのかと。

それでもいいと思った。

きっと私は今の自分よりも、なくなった自分を愛せるだろうと。



あれから時間はたったけども、君は気づけば私の隣。

そして私はあの時以上にどうしようもなくなってしまった。

死ねないから、存在を残して私を殺したいと思い続けるくらいしかできない自分が。

どうしようもなくなってしまった自分が。

私は消えてほしい。


夢はいつだって覚めてしまうように、

私の幸せだってゴミ屑のようにくしゃくしゃに丸められて捨てられてしまうのだった。

自己的応援歌 

 2012/12/07 Fri 21:47:59 
今日も詩もどき 
私はまだ頑張れる。

多分私は終わらないで頑張れる。

私が終わる時はきっと老衰だから。

今まで私は終わることなく生き続けたから。

生き続けてきたから。

息吸って吐いたらもうちゃんとここにいるから。

だから大丈夫。

大丈夫。

もう眠ろう。

おやすみ、良い夢を。

明日は良い日になるよ。

歌って 

 2012/10/19 Fri 08:59:36 
今日も詩もどき 
歌を歌ってください。

私だけの歌を、私だけの声で。

私だけなんです。

誰にも渡せなくて。誰にも渡したくなくて。

閉ざした空間で、誰にも聞こえない声で囁くように歌を歌う。
-- 続きを読む --
 
copyright © 白紙に鉛筆 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。