10< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>12

白紙に鉛筆

真っ白な紙に想いを文字にして描きまくる。 それを掲げて今日もまた鉛筆片手に紙を広げて気まぐれに更新中。

スポンサーサイト 

 --/--/-- -- --:--:-- 
スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback --  Comment --   

白い安息 

 2011/02/13 Sun 22:50:10 
今日も詩もどき 
自分も見えない この世界で

ボクは一体 何をしているんだろう

意識だけが ぽんと そこに置いてあって

あとは全て 失くしたような

落としたような 何も見えない 何もない

それでもボクは くるくると

その世界を ふわふわと

その世界と ふわふわり

何も考えられないこの世界が 居心地良くて

あとは何も いらないや

ボクが誰かも わからない

昔はなんだか 怖かったような

楽しかったような 辛かったような

でも何も 思い出せない

曖昧な感情が ゆれ揺れる

アア ボクはなんだったんだろう

アア ボクは何をしているんだろう

だけどもここはとても良い

まるでぬるま湯に 沈んだようだ

ぶくぶくぶくと ゆらゆらゆらと

ここは白き安寧の場所

真っ白で何もない

感情もない 他にはない なにもない

ボクだけの世界

ボクのための世界

白き世界がボクを撫ぜる


幸せもない 不幸せも

快楽がない 絶望も


何もかも映らない白い世界

何ものにも侵されない白き世界


空っぽの彼はそこで独り

深い深い 夢の中

何もかもを色の世界に置いて

真っ白に空っぽに眠っていた












意味のわからないものが書きたいんです。
自分の世界とかいうものを作ってみたい。これが自分だと言えるようなものを。とか言ってみたり。

ランキング参加してます。



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
« 浮遊感  |  失笑 »

コメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
copyright © 白紙に鉛筆 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。