08< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>10

白紙に鉛筆

真っ白な紙に想いを文字にして描きまくる。 それを掲げて今日もまた鉛筆片手に紙を広げて気まぐれに更新中。

スポンサーサイト 

 --/--/-- -- --:--:-- 
スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback --  Comment --   

ひとりごと 

 2011/08/19 Fri 23:29:32 
散文短文 
気にすると止まらなくなる。
もしかして嫌われてるんじゃないかと思ってしまうと一挙一動全てが気になって全てを同じ結論に結びつけてしまう。
当たり前かもしれないがこれは結構厄介だと思う。
そして理由をつけて探して必死にそんなことない、と打ち消そうとする姿。なんと滑稽。
怖くてしょうがないと泣く。本当はどうでもいい、どうでもいいから不安になると嘆く。
事実は常日頃螺旋するかもようにぐるぐると同じ場所にいるようで実は違う場所に移動し続ける。
そう、事実は同じ場所にいないのだ。おいかけっこのように後から痕跡を探してもそれは今ではないのだ。

どこまでも続くそれに吐き気を覚えながらも笑い続けたい。中身を全て空にしてひたすら笑い続けたい。

ありえない願いを涙と共に流していった。
スポンサーサイト
« 響音  |  現在進行形 »

コメント

pkgoeFxbWez

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
copyright © 白紙に鉛筆 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。